So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

野草酵素が体にいい? [健康サプリ]




野草酵素1.jpg


酵素について 

酵素は、細胞内で作られるタンパク質のこと。
人間の体内には約2,000種類とも3,000種類とも言われる、多くの酵素が存在しています。
消化酵素や代謝酵素などの種類があり、私たちの健康な体を支えています。

しかし、体内で酵素が不足すると、あちこちの細胞が機能低下を起こしてしまい、病気を引き起こす原因となります。

酵素は、私たちの体の中に元々存在している“潜在酵素”というものを基礎に細胞内で生成されますが、この潜在酵素の量には限りがあり、一生涯で作り出すことができる酵素の量は決まっています。

消化酵素を多く使ってしまう脂っこい食事や、不規則な生活を続けていると、体内の酵素の量がどんどん少なくなってしまいます。

健康を維持していくためには、ドリンクやサプリメントを利用して、酵素を積極的に取り込む必要があるというわけです。











野草酵素2.jpg
野草酵素5.jpg
野草酵素7.jpg


野草酵素3.jpg

野草酵素4.jpg
野草酵素6.jpg















サプリ専門SHOP シードコムス


タグ:野草酵素
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

ダイエット健康商品として人気の豆乳と寒天 [ダイエット]





豆乳と寒天はダイエット健康食品として人気ですが、根本的にこの豆乳と寒天とはどのような食品なのでしょうか。



大豆を一晩水に漬けたものを磨りつぶします。その大豆を水で加熱した後に布で濾して出来る液が豆乳になります。

つまり大豆を搾った乳状液のことでです。大豆のしぼり液である豆乳はそのままでも飲めます。

これが無調整豆乳と呼ばれるものです。


商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。




香料甘や味料などを加え飲みやすくしているものもあります。それは調整豆乳として販売されています。


ダイエット健康食品として無調整豆乳を買われる方、また健康を考えて選ぶ方が多いようです。
豆乳を搾った残りかすがおからです。そして豆乳ににがりなどの凝固剤を加えて固められたものが豆腐です。

豆乳を煮たときに出来る表面の薄皮を湯葉といい、お吸い物や刺身として食べられています。

豆乳はたんぱく質、脂肪が多いのが特徴で、ダイエット健康商品としても人気ですし、鍋なんかにも使われています。






テングサやオゴノリなどの海草からできているのが寒天です。



これは海草の粘液質を凍結させて乾燥させたものです。まず海草を煮てから濾した液を型に入れます。

それを天然の寒気で固めて、日に当てて乾燥させるというのが手順です。


寒天は最近では粉末寒天、フレーク寒天、固形寒天、角寒天、糸寒天などがあり、用途によって使い分けられ、しかも使いやすいダイエット健康食品として人気があります。

寒天は年末年始の2~3ヵ月の間に作られています。そして寒天はダイエット健康食品用としてだけではなく、細菌培地など医療の分野でもしっかりと使われているものなのです。


商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

おなか痩せには腹筋ダイエット [ダイエット]


ほかの部分は痩せていても、おなかのぽっこりが気になっている人は多いのではないでしょうか。

ダイエットのためにと日々体を動かしていても、思ったように脂肪を落とすことはできません。

まずは腹自体のたるみを何とかする必要があります。腹筋ダイエットで腹のたるみを防ぎ、ポコンと腹が出てしまわないようにしてください。

引き締まった腹部になるために、腹筋ダイエットで腹筋を鍛えてお腹の脂肪を減らします。



商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。



また、このダイエット運動で腹筋を鍛えることによって新陳代謝が促進され、脂肪が燃えやすくなります。

健康的にダイエットを成功させるためには、腹筋をつけて基礎代謝力を増やし、脂肪が燃え痩せやすい体質になることです。

腹筋はどうしても、きつい、辛い、やりたくないと思っている人がほとんどです。

学生時代にやらなければならなかった腹筋は、精神力を鍛えるという意味でも苦しさを堪えて続けなければならない、というものだったかもしれません。

人間は何かを強いられると、続かないものです。ダイエットは続けないと意味がありません。

筋肉を鍛えても、続かなければたるむだけでしょう。


一度にたくさんの運動メニューを詰め込み、腹筋運動を無理矢理続けていてはモチベーションが続かずに挫折する可能性が高くなるでしょう。

気負わずに続けるダイエットを心がけ、日々の週間に織り込むように腹筋の時間を組み入れることで、いつしかダイエットを成功させていることが可能でしょう。




商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

日焼けの原因と対策 [日焼け止め]



日焼けの原因は紫外線ですが、紫外線は日焼けを作る一部分でしかありません。

日焼けは、紫外線が皮膚に当たることで、皮膚の中の基底層という部分でメラニン細胞が、紫外線からメラニン色素を作り出すことで起こります。

メラニン色素が生まれると、同時にしみやそばかすもできてしまいます。




紫外線の種類には代表的なものに2つありUVBとUVAと呼ばれています。

皮膚を黒くするのはUVAで、また皮膚を赤く日焼けさせるのはUVBなのです。

紫外線のせいで、毎日の暮らしの中でも日焼けをすることになるのです。

外出の際は、紫外線から肌を守るために、日焼け止めクリームなどを必ず塗るようにしましょう。



商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。






日焼け止めクリームを塗るときに肌が白っぽくなってしまうのを気にして、薄く塗る人が多いようです。

薄くのばしすぎるのは落ちやすくするだけで効果がなく、化粧とともに落ちてしまったり、汗と一緒にふきとられてしまったりもします。

日焼け止めクリームの効果が無いのと一緒です。





やはり日焼け止めという目的のためにはたっぷりと塗って、できれば2,3時間ごとに塗りなおすようにすると、日焼け止めの効果を最大限に生かすことができます。

いつでも携帯して、外出の際にすぐ塗りなおしもできるようにしましょう。






商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

日焼け止めクリームの成分 [日焼け止め]


日焼け止めクリームは、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤という2つの成分から作られているのです。



日焼け止めクリームの成分、紫外線散乱剤は、紫外線の刺激から肌を守ることなのです。

肌が紫外線散乱剤でおおわれると、紫外線が反射されて、肌は日焼けから逃れられます。





この紫外線散乱剤は、紫外線から大切な肌を守りますが、紫外線吸収剤よりも肌に与える負担が軽いのが特徴です。

紫外線吸収剤があまり多く配合されていない日焼け止めクリームは、紫外線をカットする力も低めです。












主として紫外線から肌を守る紫外線散乱剤の働きに頼っているということでしょう。

その名の通り、紫外線吸収剤の働きは、紫外線を吸収することというわけです。




それから紫外線が肌へ浸透するのを防ぐために、紫外線を熱エネルギーに変えるという働きもします。

こんな働きをする紫外線吸収剤にも難点があって、紫外線を吸収する代わりに酸化を起こすため、肌への負担はどうしても増えてしまいます。

そのため使用頻度が高くなればなるほど、肌にストレスがかかって肌が荒れてしまうかもしれません。



日焼けを防止するためには、紫外線をカットする力の大きい日焼け止めクリームは大いに役に立ちます。


しかし肌の健康を考えれば、過剰に使うことは危険かもしれません。







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容
前の5件 | -
㓸᛽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。